印象に残るお店づくりための和アイテム

集客率を増やすお店づくりのポイントとは

店舗経営をする際に、最も意識したいのはお客様が足を運びやすいお店づくりをすることです。どんなにサービスや立地条件が整っていたとしても、来店客数が少なければ意味がありません。集客率を上げるためにもまずは、印象に残るお店づくりを行わなければなりません。そのための 印象に残るお店づくりのための和アイテム を活用した集客率アップの施策を講じてみてはいかがでしょうか。

印象に残るお店づくりのためのアイテム

印象に残る店舗づくりのポイントは、大きく分けて四つあります。まず一つは、人です。従業員の良し悪しが印象に残るか否かを分けます。二つめはイベントなどを行い、お客様がまた来たいと思わせる工夫をすることです。三つめが価格です。お客様にとって「コストパフォーマンスの良い料理」は集客しやすくなります。そして最後が、「もの・料理」です。どんなに他のものに工夫をこらしても、美味しい料理や目玉メニューがなければ、集客を見込むことはできません。

なお、料理は必ずしも味だけを重視すれば良いというわけではない、という点といわれています。SNS全盛の現代において、料理の見た目は強い宣伝になります。文字だけで料理の特徴を紹介するよりも、写真を一枚見せるほうが、多くの情報を伝えることができます。

料理の写真を見て興味を持ったユーザーは店舗の紹介文を読む可能性があり、さらにSNS上で情報を拡散してくれるかもしれません。SNS映えする魅力的な料理にするために、盛り付けを美しくしたり、器を工夫したりと、見た目を意識することでお店の特徴にもなり、集客につながります。

和紙の容器は食品の見た目をおしゃれに彩り印象アップ!

こだわって作った料理をさらに魅力的に見せたい、写真写りを良くするためにお皿や小物といった細部までこだわりたい。そうお考えの方は、おしゃれな容器を取り扱うコムシステムにお任せください。

和紙の容器で料理をおしゃれに彩り印象アップ! | 色とりどりの和紙の容器とフルーツ

使い捨て容器を扱うコムシステムは、和紙の素材を使った容器など、いずれも美しく、それでいて機能性を兼ね備えた商品ばかりです。「OMOTEWASHI」は、和模様が特徴的な和紙を使用し、そこにポリエステルの機能性をプラスした商品です。水に強く形も自在なため、食品の容器として使うことができます。

「aurora」は、名前の通りオーロラのような美しい模様が特徴的な商品です。どちらの商品も使い捨て容器として食品を美しくおしゃれに彩りますので、料理の見た目を美しくしたい、印象に残るお店づくりのためのアイテムとしてぜひご利用ください。

掲載の商品はこちら

こちらの記事に関して

この記事は、素材にこだわり30年、テーブルウエアの製造販売を手がけるコムシステムが提供しています。

詳しくはこちら

テーブルウエアの製造販売に関するご相談のある方は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ・ご依頼内容をご自由にお書きください。

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。