より美味しく料理を味わうなら五感を刺激する

より美味しく料理を味わうなら五感を刺激する

料理において重要な五感

より美味しく料理を味わうなら、五感を刺激する 工夫を盛り込むことも大切です。私たちは料理を味わうために、五感すべてを無意識に使っています。「舌で味わう」のはもちろんのこと、「香りで味わう」「目で味わう」など、料理には五感を刺激する様々な表現が用いられます。

  • 味覚

    味は舌で感じるため、当然味覚は食事に欠かせない感覚です。しかし、この味覚が正常に働くためには他の感覚も欠かせません。鼻をつまんだり、目をつむって食事をすると、何を食べているのかよくわからなくなります。

  • 触覚

    噛むという行為は、食べ物を消化しやすくするために行います。しかし、この際に生まれる触感も食事を楽しむために必要です。茹ですぎた麺や水の量を間違えてベタベタになったお米は、美味しさが半減してしまいます。また、「歯ごたえがあって美味しい」など、触覚が食べ物のアピールポイントになることも数多くあります。

  • 聴覚

    ジュージューと肉の焼ける音。ぐつぐつと鍋が煮える音。シュワシュワと炭酸の弾ける音。想像するだけでも美味しそうな印象を受けます。関係の薄いように感じる聴覚も、料理を味わうのに欠かせない感覚です。

  • 嗅覚

    味覚にも大きな影響を与える嗅覚。香りによって料理のイメージは大きく変わります。また、においで味や鮮度を予想し、「食べられる」「食べられない」を判断することもできます。

  • 視覚

    私たちが料理を味わう際、そのほとんどを視覚に頼っています。視覚による影響は他の感覚に比べて群を抜いて高く、約8割も視覚に頼って美味しさを感じているといわれています。目隠しをすると味がわからなくなるように、人間は舌以上に嗅覚や視覚に頼って味を認識しているのです。そのため、美味しいと感じてもらうためには料理の彩りや盛り付けに気をつけるのはもちろん、食器やお箸などテーブルウェアの工夫も大切です。

このように、どの感覚が欠けても料理の美味しさを伝えることはできません。その中でも視覚は特に意識したい感覚です。食事を提供するレストランやカフェ、ケータリングサービスにおいて、お客様にもっと「美味しい」をお届けしたいとお考えなら、皿や容器にもこだわってはいかがでしょうか。

盛り付け方や彩りを意識して料理をさらに魅力的に

より美味しく料理を味わうなら五感を刺激する

料理を提供する際は、皿や容器もこだわるとより見た目が華やかになるためおすすめです。

コムシステムが扱う容器は和の心を感じさせる淡く鮮やかな色彩と美しい模様は、創作料理を彩るのにぴったりな商品だといえます

掲載の商品はこちら

こちらの記事に関して

この記事は、素材にこだわり30年、テーブルウエアの製造販売を手がけるコムシステムが提供しています。

詳しくはこちら

テーブルウエアの製造販売に関するご相談のある方は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ・ご依頼内容をご自由にお書きください。

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。