美味しく見える和食の基本の盛り付け

美味しく見える和食の基本の盛り付け

美味しく見える和食の盛り付け

和食というと、多くの人は魚介類をふんだんに使った料理や、質素ながらも豊かな味わいを持つ醤油ベースのだしを使った料理をイメージすると思います。そのため見た目が地味になりがちですが、盛り付けの基本をおさえておくことで見栄えが良くなり、美味しさもぐんとアップします。そんな 美味しく見える和食の基本の盛り付け を紹介します。

  • 色彩

    和食を盛り付ける際のルールとしてよく知られているのが、「五色を使う」という点です。この五色とは、緑、黄、赤、白、黒です。緑は安心感、黄・赤は食欲増進、白は清潔感、黒は引き締めの視覚効果があり、この色合いを適切なバランスで配色することで、上品、かつ美味しそうな雰囲気を保つことができます。

  • 立体感を出す

    和食を盛り付ける際のルールとしてよく知られているのが、「五色を使う」という点です。この五色とは、緑、黄、赤、白、黒です。緑は安心感、黄・赤は食欲増進、白は清潔感、黒は引き締めの視覚効果があり、この色合いを適切なバランスで配色することで、上品、かつ美味しそうな雰囲気を保つことができます。

  • 器の余白を意識する

    食器の色合いや盛り付ける量にも気をつけましょう。3割以上の余白を残すことで、器の模様やデザインが見えて盛り付けがより美しくなります。

鮮やかな色合いで料理をさらに魅力的に

美味しく見える和食の基本の盛り付け

料理をさらに魅力的に見せる器に、伝統模様を施した和紙にポリエステルの機能性をプラスした容器、オモテワシケースはいかがでしょう。オモテワシケースは、和食の色合いを追加するのにぴったりな商品で、和のデザインで豊かな色合いを持つため、食品の色合いをしっかりと補うことができます。ぜひ盛り付けにご活用ください。

掲載の商品はこちら

こちらの記事に関して

この記事は、素材にこだわり30年、テーブルウエアの製造販売を手がけるコムシステムが提供しています。

詳しくはこちら

テーブルウエアの製造販売に関するご相談のある方は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ・ご依頼内容をご自由にお書きください。

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。