和食を盛り付ける器の特徴と使い方のルール

洋食器と比較するとわかる!和食器の主な特徴について

日本の伝統的な和食文化に合わせて作られた器は、洋食器と比べると様々な違いが見えてきます。

洋食器と比較するとわかる!和食器の主な特徴について
  • 器の形

    和食器は丸皿のほか四角形、八角形といった角皿が多いのに比べ、洋食器はほとんどが丸皿です。また、深さのバリエーションも和食器の方がたくさんあります。これは、一皿ずつ提供する洋食のコースと、一度にたくさんの料理を食卓に並べる和食の違いによるものでしょう。それぞれが個性を持ちながら、それでいて引き立て合う。まさに和を成す協調性が和食器の魅力です。

  • 器の素材

    和食器は素朴なぬくもりのある陶器や木の器、高級感があり縁起物でもある漆器などが主に使われているのに対し、洋食器は磁器が多く使われています。磁器は陶器よりも硬く、ナイフやフォークで傷つきにくい点が洋食にマッチしているのでしょう。もちろん日本にも、伊万里焼や有田焼などが伝統磁器として知られています。

  • 器の組み合わせ方

    日本では、もともと一人分の料理をお膳に乗せていた風習があったため、組み合わせやすいよう様々な形の器が生まれたと考えられています。色や柄の違う器を組み合わせる和食に対し、洋食ではお揃いのシンプルなプレートを使用するのが一般的です。食器を統一して美を演出する洋食と違い、異なる種類の器を調和させた美しさを持つのが和食の特徴です。

和食器を使用する際のルール

和食を盛り付ける器には、使い方にも基本的なルールが存在します。

  • 器の正面を意識する

    和食器には正面が存在するため、盛り付けやセッティングの際にはルールに則って配置しましょう。例えば、木目のある器は木目が横になるように置きます。また、模様がある器は、食べる人にとって正面に模様がくるようにするのがマナーです。どこが正面かわかりにくい器は、色彩が最も豊かな箇所を見分けるのがコツになります。

  • 角皿は丸く・丸皿には角を意識して盛り付け

    これはルールとまではいきませんが、和食の盛り付けは器によって変化させる、合理性のない方法がおすすめです。お餅のように角がなく、柔らかい料理は角皿に盛り付けてみたり、丸皿には鋭角な線が出るように三角形を意識してみたり。器によって料理の個性が変化するのも、和食の醍醐味と言えます。

和食に彩りを添える【コムシステム】の紙・和紙・プラスティック容器

和食に彩りを添える【コムシステム】の紙・和紙・プラスティック容器

和食の盛り付けや和食器にこだわる方に向けて、【コムシステム】では紙・和紙を使用した容器や、プラスティックの容器をお届けしています。新たに開発した素材「OMOTEWASHI」と、長年培われたケースの製造ノウハウにより生まれた新しい容器です。
他には類を見ない美しいデザイン、高い安全性、耐久性、保形性に優れているのが特徴で、和食との相性も良い一押し商品となっています。和食料理を華やかに演出するのはもちろん、盛り付けた料理をそっと引き立てる繊細な一面もあるため、関心をお持ちになりましたらぜひお問い合わせください。

「和紙の器」オモテワシケースのご紹介

「和紙の器」オモテワシケースは、すかし和紙をまとった美しく繊細な見た目でありながら、厚みのある食品用ポリエチレンシートを貼り合わせているため、安全性、耐久性、保形性に優れており、弁当箱の仕切りはもちろん、ワンプレートにのせる豆皿としても便利な品です。最大の特徴である高知土佐産のすかし和紙で演出される風合いと、柄ごとに取り揃えた和色のカラーバリエーションは、盛られた食材をそっと引き立て、おもてなしを視覚的に演出します。華やかな「和紙の器」オモテワシケースがあれば、秋の行楽ランチ、年末年始のパーティー、さらにお花見など、おもてなしのシーンがますます楽しくなりそうです。

オモテワシケースのお取扱店はこちら
オモテワシケースの詳細情報はこちら

製品に関するお問い合わせ
Tel 045-786-5601 / Fax 045-786-5915
メールでのお問い合わせはこちらから

〒236-0031 神奈川県横浜市金沢区六浦5-39-5
株式会社コム・システム 受付時間 9:00~17:00
URL https://kom-system.co.jp/
ご不明な点がありましたら、コム・システムまでご連絡ください。