世界から注目される和食の栄養バランス

理想的な栄養バランスの「和食」

世界には数多くの伝統的な食文化がありますが、中でも日本の食文化は世界が認めています。平成25年には「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。この際、登録された和食としての定義は四つあります。

まずは多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重、次に健康的な食生活を支える栄養バランス、そして自然の美しさや移ろいの表現、最後に正月などの年中行事との密接な関わりが該当します。これら四つの要素それぞれが和食を形成するのに重要なものですが、特に 世界から注目される和食の栄養バランス について触れたいと思います。

世界から注目される和食の栄養バランス

日本人は、多くの国と比較してもかなり長寿な国です。その秘密の一端は理想的な栄養バランスの和食にあるとされており、多くの国が注目しています。和食の栄養バランスの良さはどこにあるのでしょうか。

第一の理由が、お米中心の食生活です。お米はパンやパスタなどに比べて消化吸収が良く、持続性にも優れたエネルギー源として大変優秀な食材です。炭水化物はもちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維といった豊富な栄養素も含まれています。

それに加えて、主食、主菜、副菜の「一汁三菜」を基本とすることで、理想的な栄養バランスを実現しています。また、この栄養バランスを影で支えているのが、豊富な発酵食品です。漬物、醤油、納豆、みりんなど、和食によく使われる発酵食品は数え切れません。これら発酵食品のおかげで、動物性油脂が少なくカロリーの低い大変バランスの良い食事が完成しています。

世界から注目される和食の栄養バランス

美味しい和食に彩りを与える

和食には「自然の美しさや季節の移ろいの表現」があるように、美しい飾りつけや豊かな彩りが欠かせません。「和紙の器」オモテワシケースは、透かし和紙素材の柄・サイズ・カラーバリエーションが豊富な使い捨て容器です。すかし和紙の風合いと日本らしい伝統的な柄・色合いは、盛られた食材を引き立てる一味違う上品な演出に役立ちます。料理の盛り付けにこだわりたいとお考えの方ににおすすめ、ぜひ美しい透かし模様の容器をご利用されてはいかがでしょうか。

掲載の商品はこちら

こちらの記事に関して

この記事は、素材にこだわり30年、テーブルウエアの製造販売を手がけるコムシステムが提供しています。

詳しくはこちら

テーブルウエアの製造販売に関するご相談のある方は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    お問い合わせ・ご依頼内容をご自由にお書きください。

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。