ブランドストーリー - 和紙でつくる、おもてなし OMOTEWASHI

和紙でつくる、おもてなし OMOTEWASHI

和紙でつくる、おもてなし OMOTEWASHI は、
手にやさしく、目に心地よい、五感に響き、喜びを与えてくれる素材です。

OMOTEWASHIは、厚みのある食品用ポリエチレンシートに
手触りが優しい伝統模様のすかし和紙を貼り合わせ、和色を施しました。

伝統の美しさはそのままに、現代の強さを手に入れた素材OMOTEWASHIです。

伝統 × 機能性

楮(コウゾ)や三椏(ミツマタ)などの自然素材を用いて手仕事で作られてきた、日本古来より伝わる和紙。
OMOTEWASHIは、1000年の歴史を持つ土佐手漉き技法を活かし、現代の材料と製法で作られた安心で安全な和紙を使用しています。

独特の透かし模様は、原料から紙を漉くときに水を落として柄を付ける「落水技法」から生まれます。高知の清流仁淀川の水を利用したこの模様は、厳密にはひとつとして同じ柄は生まれないという味わい深いものとなります。

伝統の技法から生まれる和紙。そのぬくもりにポリエステルの機能性をプラスしたのがOMOTEWASHIです。水に強く、形状を保ちやすいことから、さまざまな用途が期待されています。

OMOTEWASHIの個性

  • 透かし模様が美しい
    独特の透かし模様は、原料から紙を漉くときに水を落として柄を付ける「落水技法」と、貼り合わせ技術の結晶です。小梅、麻ノ葉、浮雲、市松といったモダンな和柄は、現代の暮らしに馴染みます。
  • 水に強く、形も自在
    ポリエステルの強みを活かし、水に強く、形も自在に保つことができるのがOMOTEWASHIの特長です。和紙だけでは成し得ない器や包みなど、使い方は無限に広がっています。
  • 和色のニュアンスを表現
    ポリエステルを着色しているので色落ちすることはありません。白い和紙に、和の色の微妙なニュアンスを備えたシートを重ねることで、OMOTEWASHIならではの繊細なカラー展開が生まれました。

オモテワシケースの事例、OMOTEWASHIを素材として使った作品など、さまざまなアイデアを紹介します。製品やその他問い合わせはこちらからお問い合わせください。

和紙でつくるおもてなす、OMOTEWASHI - テーブルライト KAGUYA
オモテワシケースオモテワシケース
和菓子や洋菓子でオモテワシケースを使った事例和紙でつくるおもてなし、OMOTEWASHI和紙でつくるおもてなし、OMOTEWASHI
和紙でつくるおもてなし、OMOTEWASHI和紙でつくるおもてなし、OMOTEWASHI和紙でつくるおもてなし、OMOTEWASHI

これらのアイデア以外に、さまざまな人が関わり創り出されたアイデアをご紹介致します。(外部サイト)

OMOTEWASHI アイデアの紹介ページを見る